iPhone水没はよくあること!正しい対処をしよう

あなたはiPhone水没を経験したことがありますか。
実はiPhoneが水没してしまうということはよくあることなんです。
なぜよくあることかといえば、防水の機能は一切ないということと、ストラップもつけられないため、手からやポケットからいとも簡単に落ちてしまう可能性があるからです。
そのため、自分のiPhoneが水没してしまったからといって、この世の終わりだみたいには思わないでください。
適切な処置を施せば、きっとあなたのiPhoneはデータも消えないまま元どおりのままで使えるようになります。

案外誰でも焦ってしまったときにやってしまがちな、慌てて取り出したり、水分を取るために叩いたり、振ったりすることは間違った対処の仕方です。
さらには、水分を飛ばすために乾かすつもりで、熱い場所に置いてみたり、ドライヤーなどを使って乾かそうとする行為も間違った対処法なため、ネットの情報に流されて試したりしないようにしましょう。
もしそれらに騙されてしまっても、誰も責任は取ってくれないですし、iPhone自体も致命傷を受けることになりかねないため、自分でしっかりと判断できるように知っておきましょう。
yiylf

自然乾燥を心がける

さまざまな乾燥させる手段はいくつかありますが、テッシュやキッチンペーパーなどで見えるところの水分と、補足して水分を吸収する努力をすることが重要です。
最初の段階である程度の水分を取ることができなければ、データが幾つか破損してしまう可能性があるので、最初の水分をどれだけ早めに除去できるかがポイントです。

上記のようにもしあなたがiPhoneを水没させてしまっても、治せる術はいくつでもあるため焦ることはありません。
大切なのはそのときに正しい処置ができることです。
あなたはせんべいやお菓子を食べたときに、袋の中に乾燥剤が入っているのを知っていますか。
あれは湿気などで中のお菓子がしけってしまうのを防ぐためのツールです。
今回はそんなお菓子などに入っている乾燥剤を使って、iPhone水没から復活させた方法について紹介します。

まずは以下のものを準備します。

  • ・乾燥剤
  • ・ジップロック

え?iPhoneを水没から救うのに、たったのこれだけ?と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。
実際にはこれだけあれば十分iPhoneを復活させることは可能です。
しかもこれらのものは100円均一に売っているもので十分対応できるため、無理に高いものを買う必要もないため、コスパも非常にいいです。

いざ、復活へ

iPhoneを水没から復活させるためにジップロックの中に乾燥剤と水没したiPhoneを入れて2、3日放置するだけです。
こんな重大なミスを犯してしまったのに、たったのこれだけの作業で本当にiPhoneが復活するのか?と疑問を抱く人もいると思いますが、iPhoneは水分を含んでしまったことが原因で使えなくなってしまったので、まずはiPhone内にある水分をなくすことが一番重要です。
ukykutd
乾燥剤に入っているシリカゲルというものが内部にまで浸透してしまった水分を吸収する役割を果たしてくれるため、じゅうどのすいぼつでない限りは復活することでしょう。

しかし一度水没してしまったiPhoneを復活させて、そのまま使い続けることは可能ですが、充電をしている最中や、作業が混んできたときにiPhoneが熱くなって、爆発をしたり怪我の恐れのあるような被害がでてしまう場合があるので、それらは自己責任で行うようにしてください。
iPhone水没

更新情報

iPhone水没

アーカイブ

ページ上に戻る